日本の国民食カレーは、インド人もビックリな味と種類

お湯で温めるだけで作りたて同様の料理が完成するとても便利なレトルト食品は、1950年代にアメリカで宇宙食・軍用食として開発されました。

その後、アポロ11号の宇宙食として持ち込まれたことで、一般的に知られるようになります。

 

レトルトとは、科学実験で用いるガラス製の蒸留器具を指しますが、現在は加圧加熱殺菌装置のこともレトルトと呼んでいます。

レトルト食品を民生品として市場に流通させたのは、世界でも日本が初なのです。

1969年レトルト食品第1号となるレトルトカレーの販売が始まり、日本では販売開始から現在までに、18億食以上のレトルト食品が製造されているのです。

もはや、無くてはならない食品と言えます。

レトルトと言えばカレーですが、レトルトカレーと一言で言ってもその種類は実に豊富で、その数なんと数百種類に及んでいます。

金沢カレーや横須賀カレーなど、ご当地カレーやお酒を呑んだ後に食べる締めカレーは、かわりダネカレーとして人気です。

お弁当用のスティックカレー、温めなくても食べられるカレー、3年保存できる非常食用カレーなどは、多く消費者の声によって商品化されたものです。

現在では、ソースやチーズなど、レトルトカレー専用の薬味まで商品化されています。

毎日日替わりで色々な種類のカレーが食べられる、カレー好きにはたまらない時代になりましたね。うなじ ミュゼ